何事も経験です。

イヤホンのコードスライダーを自作する



最近購入した重低音イヤホン、ATH-CKS90のコードが邪魔です(´ ・ω・`)
特にY字型の分岐点が長く、通学時に邪魔でしょうがありません。

というわけで、コードスライダーを自作してみました。









初めに:

今回使用したイヤホンはATH-CKS90です。
あなたのイヤホンとコードの質や長さが似ているか必ず確認して下さい。
下手するとコードに傷が付いてしまいます。
※ちなみに、ATH-CKS90の自分が書いたレビューはコチラコチラ





ちゃんと確認しましたか?
それでは、レッツトライ(`・ω・´)
必要なものは、ゴム紐家庭糸の太口サイズのみ。
どちらとも100円で売っています。
しかしこんな物、家の中を探せばあるでしょう。




まず最初に、ゴム紐をイヤホンの股にくぐらせます。
そして、下をくぐらせその後上に持ってくる。



 
上に持ってきたゴム紐を、もう一度股の下にくぐらせます。





形ができたらキュッと絞って完成(`・ω・´)
きっとこの文章じゃわかりませんよね。
書いてる自分もわかりません。
画像をクリックすると大きくなるので、頑張って結んでみてください。
そんなに難しくありませんから(´ ・ω・`)




結んだ後、ほつれないように家庭糸の太口サイズでしっかりと結びます。
この時、太口サイズで結ばないとすぐに解けてしまいます。
ちゃんと太口サイズを選びましょう。


写真だとチリチリしていて汚いですが、チリチリを処理すれば立派な
コードスライダーになります。
たまにインシュロックを使う猛者がいますが、はっきり言って危険です。
インシュロック自体デリケートなものに使うわけではありませんし、見た目が(´・ω・`)になります。


追記:



このようにシンプルな結び方のほうが、外れなくて良い事に気づきました。
結果として、普通に結ぶのがオススメ。
関連記事
[ 2011/04/30 17:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ