何事も経験です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レビューで悪名高いLBT-AVHPC30を購入してみた

20140319_053233978_iOS_compressed.jpg
今回の記事では、写真左のLBT-AVHPC30RDを紹介します。
始値は6980円と上々でしたが、自分の手元に渡る時には882円になっていました。





この商品の特徴は、なんといってもレビューの悪評加減です。
価格.com - ロジテック LBT-AVHPC30RDではレビュー数4人に対し★1.5
アマゾン LBT-AVHPC30RDではレビュー数14人に対し★2

いずれも「音が切れる」「ポケットに入れるとBluetooth通信が切れる」
「右手で持っていると問題ないが左手に持ち帰ると音が切れる」など、
通信能力の低さが指摘されています。


20140319_053627528_iOS_compressed.jpg
しかし実際に試してみないとわからないので、早速開封してみました。
箱の外観や付属品には文句なし。
地味に嬉しいmicroUSBもついています。
デザインも格好良いと思います。エヴァ弐号機を思い出します。

20140319_054751987_iOS_compressed.jpg
イヤーピースを並べてみました。
S,M,Lサイズが入っているはずなのですが、大きさの違いがわかりませんでした。
そして、どうした訳かもう一種類違ったサイズも見られます。
一番手前のツヤツヤしたイヤーピース、これは最初からついていた
スポンジ製のもので、耐久性が心配ですが、2重構造で一番しっくりきました。
882円なイヤホンに4種類も付属しているのが驚きです(`・ω・´)
あっ、始値は6980円

20140319_055646264_iOS_compressed.jpg
20140319_060012000_iOS_compressed.jpg
相変わらず読む価値の無い、取扱説明書。
全然簡単じゃない簡単ガイドはすぐゴミ箱に捨てましたが、
意味不明な注意書きのある紙は保証書兼だったので仕方なく取ってあります。


20140319_054452045_iOS_compressed.jpg
いよいよ、視聴してみます!
鏡に写った感じでは、有線イヤホンに比べ極端に目立つことは無いとおもいました。
そして、音が良い!
いつもオーバースペックなBOSEの3万円するやつ使っているのに
これは自分が糞耳だからなのでしょうか

低音は出ないですが、中音寄りの明るい音が流れます。
とても882円とは思えない。3000円の有線イヤホンレベル。

そして気になっていた音飛びとBluetooth切断現象について。
自分の製品がアタリだったからかもしれませんが、Bluetoothは普通に繋がります。
ポケットに入れても、ドアを閉めて隣の部屋に行っても接続され続けました。

でも、音飛びはヤバイです。1曲流れている内に1回は飛びます。
プチプチプチって音がして1秒ワープしたり意味不明です。
正直これでは普段使いに支障が出るレベル・・・
総評は★で例えると2ですね。音は良いんですが。

しかし!自分がナニに使うかというと、そう、夜のお供です!
今までiPhoneに付いてたイヤホンを使っていましたが、無線化することで快適度がUPするはず。
こんな用途にいくらも掛けてられないので、自分にはピッタリな買い物でした。

しかし、仮に普段使いを意識して高い値段で購入したら★1でしょうね(´・ω ・`)

Logitec Bluetooth4.0対応 ワイヤレスステレオイヤホン 超小型 高音質コーデック aptX対応 レッド LBT-AVHPC30RD
Logitec Bluetooth4.0対応 ワイヤレスステレオイヤホン 超小型 高音質コーデック aptX対応 レッド LBT-AVHPC30RD
関連記事
[ 2014/03/20 01:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/04/02 18:18 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/04/02 18:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。