何事も経験です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かざぐるマウスの代替品としてベストな選択 「Mouse Gesture L」

かざぐるマウスが消えてから、かざぐるマウスと同等以上の機能を持ったソフトを
探していました。
マウ筋やOpenMousujiは自分の環境(Windows 8.1+Chrome)では反応しないことがしばしばあり
結局常駐ソフトとして落ち着いたのが、今回紹介するMouseGestureL.ahkです。
インストールと設定に癖がありますが、一度インストールしてしまえばOKなので
マウスジェスチャー系ソフトを探している方にはイチオシのソフトです。





配布サイトでは同梱のSetup.vbsを介して、自動インストールを勧めていますが
どうした訳か上手くインストール出来ないのでここでは手動で進めていきます。

2014-01-30_00h20_00.png
まずはMouseGestureL.ahkにアクセスして、
MouseGestureL.ahk Version XXXをダウンロードしましょう。
ダウンロードファイルは解凍して適当な場所へ置いておきます。


2014-01-30_00h23_22.png
次に、上記サイトをスクロールしてAutoHotkey 32(64)-bit Unicode版を見つけて
ダウンロードします。
自分のパソコンが32bitか64bitかわからない場合、コントロールパネル→システムとセキュリティ
→システムを選択して確認します。


2014-01-30_00h29_08.png
ダウンロードしたものを解凍すると、AutoHotkey.exeが出てきます。
それを先ほど解凍したフォルダ(MouseGestureL.ahk Version XXX)に移動させ、更に名前を
AutoHotkey.exe→MouseGestureL.exeに変更します。

これでようやく準備が出来ました。
名称変更したMouseGestureL.exeを起動させましょう(`・ω・´)

2014-01-30_00h35_49.png
起動画面はこんな感じです。
非常に高性能で何でも出来そうですが、実際やろうと思えばどんな
ジェスチャーでもこなせそうです。
ただしジェスチャーの登録方法が複雑なので、また解説をしておきます。

2014-01-30_00h44_18.png
まず初めに、ジェスチャーを登録する前にRB_LとかRB_RRとかプリインストールされている
ジェスチャーを全部消すことをおすすめします。
バージョン1.19ではジェスチャーを上書き登録する事が出来ないので
イライラすると同時にやる気が失せてしまうからです。
ジェスチャーを削除するには、-ボタンを押します。

全部消し終わったら、マウスジェスチャーの基礎の基礎である「戻る」を登録してみましょう。
右ボタンを押しながら、左へスライドさせるやつです。

2014-01-30_00h47_35.png
(スクリーンショットは自分が登録し尽くしているので初期のものではありません)
+ボタンを押して、「戻る」の土台となる仕組みを作っていきます。
+ボタンを押すとGesture_1なるものが出てきます。


2014-01-30_00h52_04.png
名称を変更することも可能で、変更した後には必ず変更ボタンを押します。


2014-01-30_00h53_16_201401300100491da.png
さてここからが本番!UIが分かりにくいので少々慣れるまで時間がかかります。
まず「右ボタン押し下げ」をダブルクリックして、今からマウスジェスチャーを始めることを設定させます。
次に、矢印の"←"をクリックして、マウスを左に動かす事を設定させます。
そして、「ボタンをどれか1つ話す」をクリックして、右ボタンを指から離す事を設定させます。
最後に「追加」ボタンを押して、マウスの軌跡を登録することが出来ました(`・ω・´)


2014-01-30_01h06_00.png
まだ終わりではありませんよ。
今度は、「戻る」を実行するにはどうすれば良いかを設定させなければなりません。
アクションタブにページを移し、下の選択窓をクリックして、「キー操作を発生させる」
を選び「追加」ボタンを押します。


2014-01-30_01h10_45.png
すると上記のようなウィンドウが出てくるので、文字入力欄にカーソルを合わせ
ALT+←を入力します(通常ブラウザの"戻る"ショートカット)
OKボタンを押して戻ります。


最後に忘れずに追加ボタンを押して
OKボタンで終了させれば完了です!
無事に「戻る」を作成できました!
この要領で次々に作成していきましょう。

終了させてもタスクトレイから引っ張り出せます。
その他タブから「スタートアップに登録」を押すと、電源をONにする度に
自動で起動するから便利です。
UIがもっと親切だと大きく広まる予感がしますね。

関連記事
[ 2014/01/30 01:25 ] フリーソフト | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/09/10 12:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。