何事も経験です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(09/26現在) Minecraft 1.6.4のOptifine・Light Rendererはまだ使えない


9月23日 Light Renderer 1.6.4 v1
・1.6.2 v4から更新引継ぎ
・新しい設定「FpsMarginChunkReadBoost」を追加しました
 スリープ時間をチャンク描画に割り当てる事で、チャンク描画速度が向上します。
 FPSに制限を与えてる場合、動作を一時的に眠らせる事ができます。
 チャンク描画の要求があった場合は寝るのをやめてチャンク描画に専念します。
 この機能はバニラと同一のものであり、これまでは常に無効にしていました。
・ChunkAndTickSmoothFramesの初期設定を5から3に変更しました
 以前より低いFPSでも、Tick処理があるフレームはチャンク読み込みを行わないようになる事で
 動作がなめらかになりやすくなります。これはフレーム毎の負荷を集中しないようにする対策です。
・チャンク描画を少し最適化しました


現在、1.6.4対応版はMinecraftForge環境でmodsの導入はできません。
ベースとして採用したOptiFineの処理がエラーとなりコケているため、問題解決に至っては全く分からないままとなっています。
FMLに関してはほとんど無知でして、どのように実装していいか分からないためです。
まだ慣れない部分の対応だった為に、1.6.4対応に遅れてでも実装した結果がこれです。悲しい。
http://forum.minecraftuser.jp/viewtopic.php?t=2260&p=128984



Minecraft ForgeやMagic launcherを使用して導入するのは今のところ出来ないようです。
何か難しいことをやれば可能かもしれませんが、1.6.4はバグフィックスしただけなので
暫く待つほうが良いかもしれません。

Minecraft: Xbox 360 Edition
Minecraft: Xbox 360 Edition

関連記事
[ 2013/09/26 19:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。