何事も経験です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Windows 8でUsersが漢字になってしまった際の直し方徹底解説

Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)
Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)

Windows 8マシンを初めて起動した際に、Microsoftアカウントと紐付けするとアカウント名が自動的にユーザープロファイル名になってしまいます。
なんともお節介な仕様ですが、一度作ってしまうと簡単には修正できません(´・ω・`)
これからの被害者様のために、プロファイル名変更方法をまとめておきます。





まずは代替品になる別のユーザーを作成します。
その後に今の情報をコピーします。


設定→PC設定の変更をクリック



ユーザー欄のその他のユーザーから、ユーザーの追加をクリック
引越し先となるユーザーです。


作成する際は「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」を選択しましょう。
引き止められても「ローカルアカウント」を必ず選択します。



ここでユーザー名とパスワードを記入しますが、このユーザー名がプロファイル名になるので慎重に決めましょう。漢字などを使わずにローマ字を活用することをおすすめします。



アカウントを作成し終えたら、その他のユーザー欄に反映されるはずです。
自分はユーザー名(プロファイルフォルダ名)をSITにしました。
その後サインアウトして、作成した新しいアカウントにサインインします。
念のため再起動もしておきましょう。


再起動が終わったら次の作業に移ります。
これからの作業も今までのアカウントで進めてください。
検索からWindows 転送ツールを探してクリック。



ようこそ画面を飛ばし、「これは今までのPCです」を選択します。
要は今までの記憶が入ったアカウントです、ということ。



外付けハードディスク~を選びます。
実際には同じPC間を移動するので、USBなどを用意しなくても構いません。



ここでは今まで使っていたアカウントを選択します。
自分はTransAiO(今まで)からSIT(これから)にするので、TransAiOを選択しました。
なお「共有項目」がある場合は外して結構です。



パスワードは必須ではありません。
特に設定する必要がない人はそのまま保存しちゃってください。



次のステップに移ります。これで最後!
もう一度検索からWindows 転送ツールを起動させます。
今度は「これは新しいPCです」を選択します。



はいを選択。



先ほど保存したファイルを選びます。
Windows 転送ツール - 今までの PC の項目というファイルです。



いよいよ新しいアカウントに移行します。
共有項目のチェックを外し、詳細設定をクリック。



「今までのPC上のユーザーアカウント」が今までのものか再確認します。
「新しいPC上のユーザーアカウント」を先ほど作ったものに変更します。
保存をクリックして前画面に戻り、転送をクリックすれば完了(`・ω・´)
新しいアカウントに今までの情報が書き込まれ、ユーザープロファイル名が理想の文字列になっているはずです。
ただし、すべての情報がまるごと書き込まれているかは保証できません。。

説明は長いですがWindows転送ツールがよく出来ているので作業は簡単です。
今までWindows転送ツールの存在さえ知リませんでしたが、もっと広まっても良いと思います。


Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)
Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)


関連記事
[ 2013/08/30 01:01 ] PC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。