何事も経験です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイクロソフトのマウスを修理したら、とんでもない神対応だった

マイクロソフト ブルートラック ワイヤレス マウス Wireless Mobile Mouse 3500 ユーロシルバー GMF-00298

マイクロソフトのマウスWireless Mobile Mouse 3500がとうとう壊れてしまいました。
スクロールしても上手く動かない事が頻繁に起こり、修理を依頼したら神対応だったのでメモ。






マイクロソフトのマウス、キーボード、ウェブカメラ等 (ハードウェア製品)の修理は、基本的に全て新しいものに交換対応だそうです。
最初はびっくりしたのですが、壊れたデバイスはそのまま破棄してくださいとの事。
手順を説明しますと、

1、マイクロソフト アフターサービス窓口に電話 (0120-54-2244)
音声ガイダンスに従い、数字キーを押していきます。

2、担当の方にマウスの後ろの製造番号と修理内容を伝える。
スクロールしても上手く動かないと伝えると、直ぐに交換してくれることになりました。

3、koukan@microsoft.comに名前、住所、電話番号、領収書の写真を添えて送る。
保証期間内であれば領収書は必ず添付すること。


これで新品のマウスが送られて来るそうです。
簡単すぎて不正に交換されないか心配ですが、親切には変わりありません。
これからも大切に使っていこうと思います。
マイクロソフト ブルートラック ワイヤレス マウス Wireless Mobile Mouse 3500 ユーロシルバー GMF-00298
マイクロソフト ブルートラック ワイヤレス マウス Wireless Mobile Mouse 3500 ユーロシルバー GMF-00298

続き:故障したWireless Mobile Mouse 3500の代替品が届いた!
関連記事
[ 2013/03/07 18:41 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。