何事も経験です。

「WACOM Bamboo CTH-470」の入力可能領域がひどく狭い




ん、あれ(´ ・ω・`)
WACOM Bamboo CTH-470が2011年秋に発売されましたが
意外と入力可能領域が狭いことが分かりました。







こちらが公式サイトの新ペンタブレットの画像です。
洗練されたデザインで良いですよね。



そしてこちらが一世代前の、自分も所持しているCTH-460です。
どちらも同じSサイズですが、写真から考えて新しい方が
読取可能範囲が大きいと思いませんか?
と思いきや、どちらも入力可能面が147.2x92 mmなんだそうです。

因みに幅x高さx奥行は
新しい方が278x9.8x176 mmで390 g
一世代前が248.2x8.5x176.1 mmで360 g
ちょっと大きくなってしまいました。(Bamboo Penの場合)





ジグソープレミアムレビューではその他詳細が載せてあるのでチェックしてみてください。
CTH-460使いの人はわざわざ買い換える必要も無いですね。
ただ、初めての人はラバーグリップが付いているWACOM Bamboo CTH-470をおすすめします。






関連記事
[ 2011/10/13 23:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ