何事も経験です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ついにPSVitaの発売日が決定・余裕で年内に遊べる模様




様々な発売日の噂が流れていたPSVitaですが、ようやくSCEJプレスカンファレンスで公式発表されました。














ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、3G/Wi-Fiに対応した次世代型ポータブルゲーム機「PlayStation Vita」(PS Vita)を12月17日に発売する、通信機能はNTTドコモが提供し、合わせて料金プランも発表された。

 PS Vitaは、マルチタッチ対応の5インチ有機ELディスプレイと、背面にマルチタッチパッドを搭載した携帯ゲーム機。従来のポータブルゲーム機よりもさらにネットワークとの連携を高めたもので、Wi-Fiモデルのほかに、3G/Wi-Fiモデルもラインナップされる。

 端末価格は、Wi-Fiモデルは2万4980円、3G/Wi-Fiモデルは2万9980円となる。3Gの通信網はNTTドコモが提供し、ドコモではデータ通信専用のプリペイドプランを提供する。

 なお、3G/Wi-Fi版については、初回出荷分の50万台限定で、SCE側が103時間分の通信料と契約事務手数料を負担するキャンペーンも展開される。

 メインディスプレイとマルチタッチパッドを組み合わせることで、ゲームに「触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張る」といった操作が取り込めるほか、2つのアナログスティックを本体全面左右に装備する。

 ディスプレイは、5インチ、960×544ドット、約1677万色表示の有機EL。タッチパネル式でマルチタッチに対応する。CPUはARM製Cortex-A9、GPUはSGX543MP4+となる。端末背面にマルチタッチパッドを配している。メインメモリは512MB、VRAMは128MB。

 カメラは背面と全面に用意されており、320×240ドットで120fps、640×480ドットで60fpsの撮影が可能。ステレオスピーカーやマイクを内蔵する。

 GPS搭載し、6軸の加速度センサーや電子コンパスが利用できる。3Gは、HSPA方式に対応し、Wi-FiはIEEE802.11 b/g/n対応。Bluetooth 2.1+EDRをサポートする。大きさは約182×18.6×83.5mmで、重さは約279g(3G/Wi-Fiモデル)となる。

 なお、バッテリーは内蔵式のリチウムイオン充電池を採用する。動作時間はゲームで約3~5時間、動画再生時間は約5時間、音楽再生は約9時間。ACアダプターでフル充電するには約2時間40分かかる。
ケータイ Watch



発売日は2011年12月17日!
なんとかクリスマスまでに間に合わせてきました。
さらに、50万台限定でSCE側が103時間分の通信料と契約事務手数料を
負担するキャンペーンを開催してくれますので、5000円高い3G版も実質24800円で購入できることになります。
(103時間分の通信料と契約事務手数料が約5000円なので)
後は発売延期にならないよう祈るだけです。






関連記事
[ 2011/09/14 22:27 ] ゲーム PSVita | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。